転職をするために必要な心構え

転職を迷っている方へ

仕事をしていると、今の仕事が自分に合っていないのではないか、仕事を続けることが苦痛で毎日が嫌で嫌で仕方がない、長く務めていても職場の考え方や環境、人間関係に馴染めない、などなど感じることがあると思います。ちょっと失敗をしてしまったり、うまくいかないことがあったときにだけ感じるのであれば、挽回できればいいだけなのですが、このような後ろ向きな感情を長く抱え込んでいくのはとても辛いことです。しかし、仕事をやめることには抵抗がある人も多いでしょう。就職難のこの時代ですから、就職先が見つかるかどうか分からない不安や、無計画に辞めてしまった後の収入面への不安、就職先が見つかったとしても、いざ入社してみると現在よりもひどい環境であるかもしれないという不安、少し考えただけでも、数々の不安を感じるものです。

仕事をやめることにはたくさんの不安が付きまといます。しかし、ここでよく考えてみてください。仕事をやめることと、仕事を続けること、どちらがより不安でしょうか。転職を考えるタイミングは人それぞれだとは思いますが、現在の仕事を続けていくことが苦痛である場合、仕事をやめないことも不安であると思います。「このままで自分は良いのだろうか?」仕事環境を改善できない場合、つねにこの不安が付きまとってしまうのです。そ
う考えると、仕事をやめるにしろ、仕事を続けるにしろ、結局どちらでも不安が残るのです。転職を勧めるわけではありませんが、心を病んでしまい、健康面にまで影響が出るような仕事を続けるのであれば、転職を考えてみても良いかもしれません。

それに、転職活動をそれほど大事として捉えなくても良いのです。転職活動は、仕事を辞めてから始めなければならないものではありません。収入面や、職が決まらないことへ不安があるのであれば、今の仕事を続けながら、次の就職先を選ぶ方法だってあるのです。むしろ、在職しながらの転職活動は、面接官の心象に有利に働くこともあります。転職者用に休日の面接を受け付けてくれるところもかなりありますよ。

一先ず転職活動をしてみて、その上で自分に合いそうな仕事、雰囲気が気に入った会社などがあったら転職をするという気持ちで初めてみても良いのです。そうすることで、転職に対する不安は薄くなりますし、他の会社を知ることで自分の今の仕事や会社の違う面も見えてくるかもしれません。また、新しいことにチャレンジすることで、より前向きな気持ちを取り戻すことが出来るのではないでしょうか。

転職現在の仕事に行き詰まり、転職が頭をよぎるのであれば、とりあえず転職活動を始めてみても良いかもしれません。ただし、気分転換程度の軽い気持ちで転職活動を始めるのは辞めましょう。そんな気持ちではあまり良い結果にならないことも多いですし、なにより、書類審査・面接などの時間を浪費させられる人事の人にも迷惑ですよ。

このページの先頭へ